コインとカード

カードの意味

キャッシュカードの重なり

カードを利用するサービスは様々あります。クレジットカード、カードローン、キャッシングなどです。
その種類の1つが、キャッシュカードです。キャッシュカードとは、銀行のATMから、自分のお金を引き出したり、預けたりすることができるカードを指すことが多いです。
また、消費者金融からお金を借りる際に使うカードを、キャッシュカードと指すこともあります。
消費者金融からお金を借りる場合は、契約をしたらまずカードが発行されます。その発行されたカードを利用して、お金を引き出すのです。
そのため、この消費者金融で利用するカードもキャッシュカードになるのです。
また、銀行から発行されたカードは、お金を引き出したり、預けたりするだけではなく、お金を借りることもできるのです。

銀行でも借りられる

銀行口座を作る時には、キャッシング枠を作ることができます。
そのキャッシング枠の範囲内なら、お金を借りることができます。消費者金融と銀行でお金を借りる大きな違いは、銀行は金利が安いことです。
お金を借りないから、キャッシュカードは持っておいても意味が無い、という人も多いですが、将来のことを考えて持っておいたほうが便利です。
いきなりお金が必要になった場合、そこからカードを発行するとなると、時間がかかりお金を借りられるのにも時間がかかってしまいます。
そういう状況になった時に困らないように、事前にカードを発行しておくと、便利に活用することができます。

Copyright(c) 2015 金融機関の情報を集めてカードを使い現金を引き出す便利なサービス. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com